Favorite creatures!!

中年になり、少年の頃の生き物好きを思い出し、現在リクガメを中心に爬虫類、昆虫も飼育しています。 2児の父である普通の中年お父さんが「お父さんとしてのペットの飼い方・愛で方」を綴るブログです。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

リクガメ

リクガメケージ、ペット板の防汚性能の実力。

我が家のリクガメケージは木製で自作してあります。内部にはウンチ汚れ対策として、紫外線にもある程度耐え、加工のしやすいもの、「ペット板」を使用しています。 床材が減ってくるとウンチが直接ケージ底面に付着します。これに気付かずに放置してしまうの…

ヘルマンリクガメの床材が減ってきた…

我が家のヘルマンリクガメケージに使用している床材はジェックス「ヒノキア」。 ペレットタイプの床材です。ウンチ、オシッコの水分を吸収し、粉々に砕けていくため、都度燃えるゴミとして廃棄していくのですが、そのためどんどん床材の量が減っていくのです…

リクガメの1日の始まり。そして私の1日の始まり。

我が家のヘルマンリクガメの朝はゆっくり始まります。 覗き込んでも眠っていて、こちらに気付いても面倒そうに目を開けるだけなんですよねリクガメのこんな媚びないところも好きなんです(笑) 犬猫のような知能はないので、飼い主に甘えるようなことはあり…

ヤブガラシは残さない。

リクガメに与える野草は数あれど、主食としての栄養価の高さと、すぐに手に入るという手軽さで比較すれば、ヤブガラシの右に出るものはないような気がします。 我が家でも野草が取れる時期はひたすら与えています(笑)毎日毎日与えていますが、特に嫌がるこ…

リクガメの水皿を大きくすると起こる事。

最近大きくした水皿。使い方は思った通りに水に浸かってくれています。 ですがやっぱり水の中で用を足すことも多く、帰宅するとかなり汚い状態であることもしばしば…温浴時にウンチをするのと同じような感覚で、水皿の中にウンチが浮いています(笑) そして…

ヘルマンリクガメの水皿は大きい方がいい。

実は最近ヘルマンリクガメの水皿を変えました。 以前はひっくり返されないように爬虫類用の水皿を使用していましたが、今回はひっくり返されないように大きめのトレーを使用しました。 プラスチック製で軽いのですが、大きければひっくり返されることはあり…

リクガメの健康維持のための霧吹き。

私はリクガメの餌やりをする時には、同時に甲羅や体全体に霧吹きをしています。 吹き掛ける部分の湿度を保ち、乾燥を防ぐために毎日行っています。 これはリクガメの健康を思ってのことなので習慣となっています。リクガメ自身も慣れたもので、あまり気にす…

室内にも紫外線は届いている。それは反射しているから!

リクガメにとって必要不可欠な紫外線。太陽からの恵みです。 晴れた日はリクガメを外に出してやり、日光浴をさせてあげることが健康維持に繋がります。 しかし以外と知らない人が多いこともあります。それは、日陰や室内のような直射日光が当たらない場所で…

リクガメのバスキングライトを夏用のワット数へ変更。

夏が近付いてくると爬虫類飼育者が一番頭を悩ませる「温度」 どうしてもケージ内温度が高くなり、オーバーヒート=熱死という最悪の結果になってしまう危険度が増してしまいます。 我が家の飼育部屋には今年からエアコンを設置しましたが、まだまだ24時間稼…

リクガメ飼育者は、夜間は消化不良。

リクガメを飼育していると思うこと。 朝仕事に出かけて夜に帰宅すると、大好きなリクガメは就寝中で全く動きません。 動いて餌を食べて…そんな姿を見れるのは、忙しい朝の数分のみこれでは癒やし効果が得られません! やっぱりペットを飼うと構いたい(構っ…

リクガメの甲羅の乾燥対策。

私が実践している簡単なリクガメの甲羅の乾燥対策を書いていこうと思います。 我が家ではリクガメを温浴する頻度は高くないのですが、リクガメを洗ってあげた時は極力水分を拭き取ることはしません。それには理由があります。リクガメは甲羅が乾燥し過ぎてい…

リクガメの寝顔はカワイイけど…

リクガメが寝ている姿は癒やされますよね〜 リクガメがスヤスヤと目をつむっているのはカワイイ表情です安定した飼育環境だということを証明していると思います でも安心しきって寝ていますが、この子の後ろに目をやると… ウンチ踏み潰してるよ…15:00頃に寝…

ゴミ出しついでの野草採集。

野草のストックが無くなってしまいました…。 ヘルマンリクガメのコウちゃんに与える餌が無い…。 どうしよう! …なんてことになっても大丈夫!(笑)自宅の周りにはいくらでも野草が生えているので、ゴミ出しのついでにブチブチっと採集してきました タンポポ…

リクガメ用木製ケージを長く使用するには「防水対策」を!

リクガメケージを木材で自作する方はそれなりにいると思います。 ですが木材を使用すると見えてくるデメリットがあるのです。それは 糞尿が染み付いてしまうということ リクガメのオシッコは以外に多く出ます。ウンチは毎日のように踏み付け、ケージに塗り付…

今日の主食は桑の葉。

久しぶりの桑の葉を与えました。なんと自宅から数十メートルの範囲に生えていたので思わず飛び付いてしまいました(笑)なんで今まで気づかなかったんだろう 桑の葉は栄養価に関してはとても優秀。 www.favocrea.com 加えて趣向性も悪くありません。 爬虫類…

縁側で眺めるリクガメは…

私はリクガメを庭で日光浴した後は必ずお湯で体を洗ってあげます。時間がある休日は温浴もしてあげています。 庭で歩き回っているため、汚れをケージ内に持ち込まないようにするためと、ウンチを踏んで汚れていることが多いからということが理由です そして…

リクガメが餌皿に乗り上げなくなりました。

リクガメの餌皿はいろんなものを試してきましたが、現在は縁に柵が付いているものを使用しています。 この餌皿の利点は「リクガメが餌に乗らない」こと。何故かリクガメは餌を食べる時、必ず餌の上に乗ってしまいます。そしてぐちゃぐちゃに踏み倒して腹甲が…

爬虫類ケージの冷却ファンは排気用。

夏日となる日が増えると、ケージ内温度が高くなります。爬虫類ケージには保温器具、紫外線ライトなど熱を発するものを設置しなくてはいけないため、どうしても温度は上昇してしまいます。 温度を下げるためにエアコンで部屋ごと温度管理すれば一番いいのです…

亀卍(カメマンジ)はリラックスの証?

リクガメを見ていると、人間側が癒やされますよね! リクガメが歩く姿、餌を食べている姿、寝ている姿。 その中でも特に、リクガメがリラックスしている姿は見ている人間もリラックスできて癒やし効果バツグンですよね リクガメのリラックスしている姿で有名…

夜間の出せ出せ!からの…

我が家のヘルマンリクガメは、夜間に人の気配に気付くと猛ダッシュしてくるのは平常運転です この日はウンチまみれ。更には暴れている最中にも漏らして、この子の周りは数十秒で茶色くなってしまいました あまりに悲惨な光景だったため、ケージの掃除ついで…

ヘルマンリクガメのサイズ感。

ヘルマンリクガメのコウちゃんがウンチまみれだったので、温浴でキレイにしてあげました。 その際久しぶりに身体測定をしたところ、 甲長13.5cm 体重504g ありました!ついに500gを超えてきています。 たしかに大きく重くなってきており、暴れるのもあります…

今日は最高の野草「ヤブガラシ」

リクガメの野草の主食として一番いいのはなんなのか?それは誰に聞いても決まっているでしょう。 ヤブガラシですよね! なんたってカルシウム含有量が他を圧倒していますから!差があり過ぎて、もはやチートですよ(笑) www.favocrea.com しかも趣向性も悪…

リクガメ、ウンチのニオイ対策。

私がペットたちのケージメンテナンスをするのは、仕事から帰宅後の夕方から夜間になります。 飼育棚の前に立ってケージを覗き込み、 もう寝てるかな? 今日は餌をどれだけ食べたかな? ウンチしてるかな? …ウンチ引きずってないかな? …明日は温浴だな など…

日光浴は気持ちいいのか、その最中に…

晴れた暖かい日はとにかくリクガメの日光浴です。 健康維持のためにも欠かせません。 リクガメ自身も太陽光に反応して代謝が良くなり、庭を闊歩しています。 昼頃に出してあげたので、1番暖かく、日が高い時間帯でした。歩き回っては日向でじっとしたり、日…

リクガメに久しぶりの「オオバコ」

私はリクガメに与える餌として優先順位をつけるとしたら 人工フードより野菜 野菜より野草 以上の基準を持っています。 諸説ありますが、人工フードはリクガメにとってタンパク質が多すぎるという意見が大半です。そして野菜に関しても野草と比べて柔らかく…

リクガメ用日光浴ケージが壊れました…

我が家の庭に年中放置されているもの。 「リクガメ用日光浴ケージ」 庭の柵を木材で自作しているときに出た端材(余りもの)を利用して製作したものです。 今年も暖かくなってきたので何度か使用していると… ボロっといっちゃいました… 音も立てずに静かに崩…

リクガメの餌皿のオススメ!

私の中では、リクガメと言えば「汚れる」生き物という認識があります。というか「汚す」の方が正しいかもしれません。 その汚してしまう行動を少しでも改善するための、オススメの餌皿があります。今回はその餌皿の紹介です。 リクガメの行動の中で、毎日汚…

晴れの日は日光浴ですよね。

良く晴れた日は皆さん気分がいいですよね 洗濯物を外で干せる! 窓を開け放って掃除ができる! いえいえ、こんなことを書くためのブログではありません!(笑)晴れの日は…そうです!リクガメの日光浴ですよね!(笑) そんなのリクガメ飼育者だったら当たり…

実はリクガメの「餌待ち」は、知能の高さを証明するものだった!

リクガメは空間認識能力、学習能力があるといわれています。 ケージ内の餌を置く場所や時間を覚えて、その場所、時間に餌を待っているからです。 これらの能力は実験でも証明されています。いつもぼぉ〜っとしているように見えるリクガメは、実はそれなりに…

現代日本人の癒やし。

リクガメの中にはルーティーンが決まっていると感じています。 朝ケージをのぞき込むといつもの場所におり、いつも通り眠そうな目で見上げてきます(笑) 体内時計は結構正確なんです(笑) そしてそんな時に撮った写真は「なんか前にも見たな〜…」となるこ…