Favorite creatures!!

中年になり、少年の頃の生き物好きを思い出し、現在リクガメを中心に爬虫類、昆虫、魚も飼育しています。 2児の父である普通の中年お父さんが「お父さんとしてのペットの飼い方・愛で方」を綴るブログです。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

メジャーペットになりつつあるフトアゴヒゲトカゲ。

度々このブログで紹介してきた我が家のフトアゴヒゲトカゲの寝相。よくそれで眠れるなという姿勢ばかりです(笑)ですがこの子が特別におかしな寝相をするわけでは無く、どの家庭で飼育されているフトアゴヒゲトカゲも、ケージ内のレイアウトを巧みに利用して…

バスキング時の余裕の表情。

寒い寒い冬の爬虫類飼育。雪国である我が家で、変温動物の爬虫類を飼育するには保温器具が必要不可欠です。加えて温度勾配をつけるためのバスキングライトは、彼らの活性を上げる働きがあり、活発に活動したり食べた餌を消化するのに常に役立ってくれていま…

狙いを定めて。

本来肉食傾向が強い雑食性トカゲであるフトアゴヒゲトカゲ。ケージで完全に人間に飼育されているフトアゴヒゲトカゲであっても、野生下のフトアゴヒゲトカゲと同様に本質は獲物を追いかけているハンターです。「ベビーの頃は動くものにしか反応しない」とい…

食べないのが通常運転。

いやぁ〜…食べない!(笑)ヒョウモントカゲモドキはシェルターから出てきては、動き回ってケージ外をずっと見つめています。 …が、しかし!目の前に餌を持っていっても目を逸らすそれでもまた目の前に持っていくと、そこから目を閉じて更に顔を背ける(笑) 最…

フトアゴヒゲトカゲのケージ内での様子。

毎日爬虫類たちのお世話をしている私ですが、お世話をして終わり!ということではありません。もちろん彼らは私の大事なペットであり、愛玩動物として愛でている時間もあるわけです(笑)そのため何もないのに何度もケージを覗いては彼らの様子を確認し、時々…

ずっと元気なヘルマンリクガメ。

寒い冬でなかなか我が家の爬虫類たちの調子が上がってきません。フトアゴヒゲトカゲは餌に対しての執着心が低下しており、ピンセットを振ってみても目を瞑ってしまいますそしてヒョウモントカゲモドキはほとんどシェルターから出て来ず、餌は週1でレオパドラ…