Favorite creatures!!

中年になり、少年の頃の生き物好きを思い出し、現在リクガメを中心に爬虫類、昆虫、魚も飼育しています。 2児の父である普通の中年お父さんが「お父さんとしてのペットの飼い方・愛で方」を綴るブログです。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

フトアゴヒゲトカゲ

メジャーペットになりつつあるフトアゴヒゲトカゲ。

度々このブログで紹介してきた我が家のフトアゴヒゲトカゲの寝相。よくそれで眠れるなという姿勢ばかりです(笑)ですがこの子が特別におかしな寝相をするわけでは無く、どの家庭で飼育されているフトアゴヒゲトカゲも、ケージ内のレイアウトを巧みに利用して…

狙いを定めて。

本来肉食傾向が強い雑食性トカゲであるフトアゴヒゲトカゲ。ケージで完全に人間に飼育されているフトアゴヒゲトカゲであっても、野生下のフトアゴヒゲトカゲと同様に本質は獲物を追いかけているハンターです。「ベビーの頃は動くものにしか反応しない」とい…

フトアゴヒゲトカゲのケージ内での様子。

毎日爬虫類たちのお世話をしている私ですが、お世話をして終わり!ということではありません。もちろん彼らは私の大事なペットであり、愛玩動物として愛でている時間もあるわけです(笑)そのため何もないのに何度もケージを覗いては彼らの様子を確認し、時々…

昼間のフトアゴヒゲトカゲ。

昼行性の爬虫類であるフトアゴヒゲトカゲ。野生下ではオーストラリアの太陽光を目一杯浴びて真っ黒になり、木に駆け登って立体行動を見せたりと活発に動回るトカゲという印象です。飼育下のフトアゴヒゲトカゲも、ケージの中でバスキングライトを浴びている…

フトアゴヒゲトカゲは野菜にも捕食者モード。

フトアゴヒゲトカゲは肉食傾向の強い雑食と言われています。ベビーの頃は動くものによく反応し、動かない野菜には見向きもしない個体も多いです。それが成体になるにつれて野菜を食べる量も増えていき、動物性の昆虫などを食べる量を減らさないと肥満となっ…

紫外線ライト交換。

我が家で飼育しているフトアゴヒゲトカゲ、ヘルマンリクガメには、生きていく上で紫外線は必要不可欠です。そのため彼らを飼育する上で「紫外線ライト」は無くてはならない必需品と言えるでしょう。 (通年屋外飼育が可能であれば必要ないのですが)しかしそ…

枕ではない。

フトアゴヒゲトカゲのおもしろ寝相は毎日のように観察できますが、その中でもたまに見せるケージ内のものを利用した寝相があります。偽岩シェルターに頭を乗せることで寝違えてしまわないか?と心配になるほど頭が上を向いた姿。高台から後足だけ落としてピ…

大事なバスキングライト。

私が飼育しているフトアゴヒゲトカゲやヘルマンリクガメのような昼行性爬虫類にとって、無くてはならないのはバスキングライトです。紫外線ライトも重要ですが、このバスキングライトによって彼らは体温調節しているので健康維持のためにも重要なんですね。…

差が激しいドラゴン。

朝にペットたちに与える餌の準備を進めていました。ヘルマンリクガメはケージに近付けばすぐに反応しますが、フトアゴヒゲトカゲは日によって反応にかなり差があります。お腹が空いているときは常に飼い主の指を追いかけ、アクリル窓越しにでも獲物を狙った…

爆発した後は気持ち良く。

我が家のフトアゴヒゲトカゲの排泄頻度はだいたい2〜3日に1回程度です。毎日続けてするということはありません。餌やりの頻度に準じていますね。 お腹を触るとかなりパンパンになっているときがあり、「そろそろかな」と思っていると案の定爆発します(笑)あ…

お日さまの威力!

フトアゴヒゲトカゲはオーストラリアに生息するアガマ科のトカゲです。昼行性でよく日光浴をする姿が野生でも飼育下でも観察できます。そして爬虫類でよくある「強力な紫外線を含む太陽光を浴びると体色が変化する」というのも、フトアゴヒゲトカゲは素人が…

齧り付いても怪我をしない。

フトアゴヒゲトカゲは空腹時、ピンセットや飼い主の指へも反応してしまい「とにかく食べたい!」という思いが伝わってきますこの反応が楽しくて我が家では、家族みんなが餌やりの際にニヤニヤとしてしまうのです(笑)奥さんも子供たちも、フトアゴヒゲトカゲ…

食らいつく!

餌への反応が良く、餌やりの楽しさが味わえると飼育自体が楽しくなる爬虫類。我が家で飼育しているフトアゴヒゲトカゲも、餌への反応が凄く良いです なんと言ってもピンセットを動かすだけで飛び付いてくるほどの反応そして手に餌を持っていても同じように反…

暑い夏には水分補給。

夏は熱中症対策としてこまめな水分補給は欠かせません。それは爬虫類にとっても同じことです。しかしフトアゴヒゲトカゲを飼育している場合、自ら水分補給をすることが少ないのです。これは水分を必要としていないわけではなく、ケージ内に設置した水皿に張…

付きまとわれるフトアゴヒゲトカゲ。

世界一人慣れする爬虫類と言われるフトアゴヒゲトカゲ。彼らは確かによく人に慣れ、観賞目的とされる爬虫類の中では数少ない「ペット感覚」で飼える爬虫類です。私が実際飼育しているとペット感覚となる場面が多数あり、時には寝ている姿でさえそう思えてく…

バスキング姿はカッコイイ!

フトアゴヒゲトカゲが朝のバスキングを行なう際、私はこの行動を眺めてトカゲのカッコよさを堪能します。やはり太陽に向かってポージングする姿は堂々として様になっており、カッコよさや強さの象徴だと思うわけです。サンゲイザー(太陽を見つめる者)と呼…

余裕の姿。

だいたい3日に1回の頻度で餌を与えているフトアゴヒゲトカゲ。この日は前日にすでに餌を与えていました。そのため毎日食べたいというわけではないのでこの日は余裕があります(笑) ちなみにお腹が空いているとなんにでも反応して飼い主の指に飛び付いてくるの…

待ちわびた野菜。

野菜が好きな我が家のフトアゴヒゲトカゲ。餌の日はケージ手前でこちらの様子を伺って、少しでも人間の指が近付いてくると飛び付いてきます(笑)これだけ反応してくれると飼い主としては餌の準備も楽しくなるわけです 野菜や人工餌をお皿に盛り付けてケージ内…

ハンドリングしても暴れない。

フトアゴヒゲトカゲケージを掃除する際、どうしてもこの子にケージから出ていてもらいたい場合は、「ハンドリング」と言われている手段でケージから出してあげます。ただ単に手に持ってリビングに放つだけなんですけどね(笑)それでもほとんど暴れることなく…

爬虫類ケージ夏仕様。

我が家のフトアゴヒゲトカゲ、ヘルマンリクガメに使用している紫外線ライト兼バスキングライト、「ソーラーグローUV」 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.s…

バスキングでリラックス。

最近は暖かくなってきており、暑いと思う日も多くなってきました。 そのため爬虫類ケージの温度が高くなり過ぎないように注意する日々が続いています。オーバーヒートすると最悪の場合は死に繋がるため、冬の寒い時期よりも気を使っています。 その甲斐があ…

平べったく、そして膨らませる。

フトアゴヒゲトカゲを構いたくて「持ちたい!」と言う子供に、ケージ掃除の間だけ預けてみました。イタズラなどはせずにしっかり面倒を見てくれるので助かります 少しの間なのですが部屋の中を歩かせたりもしてくれて、フトアゴヒゲトカゲの運動不足解消にも…

リクガメとフトアゴは桑の葉食べるかな?

先日採集してきた「桑の葉」を餌皿に盛り付けました。今シーズン初の桑の葉なので、最初は食べてくれると思うのてすが… ヘルマンリクガメは餌皿を置いた瞬間、安定の飼い主に突っ込んでくる暴れっぷり(笑)この子は夜に帰宅してから桑の葉がどうなったのか調…

明日が餌の日。

餌の日はやる気満々で、ピンセットや飼い主の指にも飛び込んでくるフトアゴヒゲトカゲ。 この日は餌は与えない日となっており、餌は翌日に与える予定です。しかし… この子はお腹が空いてやる気満々のようで、飼い主が目の前に現れると臨戦態勢に入ります(笑)…

動きたくないフトアゴヒゲトカゲ。

ヘルマンリクガメをリビングで散歩させることはありますが、フトアゴヒゲトカゲも同じように散歩させることもあります。しかしトラブルを避けるため2匹同時に行なうことは多くはなく、家族が常に見守ることができない場合は以外は行いません。 この日はフト…

野草採集時期でも。

ヘルマンリクガメ用に野草採集に励む飼い主ですが、実は常に少量の野菜を冷蔵庫に常備しています。 リクガメはいつも野草なのに?と思うかもしれませんが、我が家のペットにはもう1種野菜を食べるものがいるのです。 それはこの子。フトアゴヒゲトカゲです。…

見た目がカッコイイ、行動がカワイイ。

フトアゴヒゲトカゲというトカゲを飼育しています。このトカゲは私にとって「カッコイイ」生き物であり、「カワイイ」生き物でもあるのです。いろんな行動を見せてくれたり、飼い主に反応してくれたり。そして鳴き声はありませんが、表情や身振り手振りでい…

脱皮と一緒に…。

まだ脱皮が収まらない我が家のフトアゴヒゲトカゲ。長いなぁと思っていましたが、個体によってはダラダラと1ヶ月以上続くこともあるのだとか この日は胴体のお腹部分がベロンと剥がれ落ちており、その横には一緒にウンチも添えてありました(笑) 横に並べられ…

爬虫類はイメージだけで嫌われる。でも魅力もいっぱいあります。

世間一般的には忌み嫌われる爬虫類。どことなく「無表情」や「感情が無い」などというイメージが強く、「何を考えているのか分からない」という意見もあります そんなところが嫌われる理由でもあります。 しかし実際に飼育している身からすると、全くそんな…

フトアゴヒゲトカゲには水皿は必要!その理由は脱水症状を避けるため!

フトアゴヒゲトカゲに水皿は必要か?という点について、私は必要と考えます。その理由を語る際に重要なことを一つ。フトアゴヒゲトカゲは以外な理由で調子を崩します。それは何が考えられるでしょうか? …実は案外、脱水症状を引き起こす事があるのです。 野…