Favorite creatures!!

中年になり、少年の頃の生き物好きを思い出し、現在リクガメを中心に爬虫類、昆虫、魚も飼育しています。 2児の父である普通の中年お父さんが「お父さんとしてのペットの飼い方・愛で方」を綴るブログです。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

生き物

やっぱりこの食べ方はナイよなぁ…

日淡水槽で元気に過ごしているスジエビですが、沈下性の餌はすぐに底で拾い集めて食べています。 メダカも同居しているため浮上性の餌もちょくちょく入れるのですが、スジエビはその餌にさえイイ反応を見せてくれるのです。 浮上性のため最初は水面に浮かん…

ドジョウのお気に入りの場所

ドジョウはいつも水槽底面にお腹を付けてじっとしています。水槽内を泳ぎ回ることは無く、驚いて逃げるとき、餌を食べるとき以外ほぼ動くことはありません。 そんな我が家の日淡水槽にいるドジョウですが、先日からなぜかある場所を気に入っています。そして…

本当に好きじゃないと飼うべきでない

朝にケージを覗き込むと走って寄ってくるヘルマンリクガメ。 餌を入れても走って寄ってくるヘルマンリクガメ。 水皿を入れても走って寄ってくるヘルマンリクガメ。 餌を食べていてもケージを覗き込むと走って寄ってくるヘルマンリクガメ。 もう何をしていて…

自宅にて。

自宅駐車場でふと上を見上げた奥さん。 「…うわっ!!」 壁に張り付いている茶色い物体。奥さんが警戒しながら後退していきます(笑) その正体はアブラゼミ思わず私が虫取り網を取り出して捕まえると「そんなの捕まえなくていい」とかなり迷惑がっていました…

コイツばかり…

日淡水槽に餌を投入するのはリクガメらと同じ朝のタイミングです。 数分で食べ切る量を与えているのですが、メダカ、タナゴ、ドジョウが食べ切る前にスジエビがかなりの量を強奪していきます 彼は両手で餌を抱え込み、数個を一気に運ぶことができるため魚た…

田んぼ道には…

仕事中、田んぼ道を何キロも走り続けることもある私ですが、夏ということもあり様々な生き物に遭遇します。先日はカメ、その前はタヌキ、そして道路脇の用水路にはザリガニと、身近に体験できるサファリパークといったところでしょうか(笑) しかし全て元気な…

白粉(おしろい)

フトアゴヒゲトカゲはヒョウモントカゲモドキのように体全体が一気に脱皮するわけではありません。体の一部分ずつ、手足、胴体、尻尾といった具合にゆっくりパーツごとに順に脱皮していきます。 そして脱皮している期間も長くてなかなか完了せず、脱皮の最中…

庭を占領している者たち。

私はヘルマンリクガメを日光浴のためよく庭に出してあげています。その時に遭遇する、この時期特有の生き物がニホンアマガエル。田んぼが多い自宅周辺には無数のアマガエルが生息しています。 そしてこの日もヘルマンリクガメを日光浴ケージに出してあげると…

公園の野草

子供たちと公園で虫捕りをしてきました。草木が生い茂っている場所のため、毎年バッタ、コオロギなどが飛び跳ねているのが観察できます。 素手でも簡単に捕まえれるのですが、この日は網を持っての出動です。 ところが広範囲で草刈りされており、なかなか虫…

仕事中に用水路を覗く。

仕事中にも生き物好きとしてはいろいろ考えてしまいます。 家にいるペットたちのこと。今飼いたい生き物のこと。そして目の前の自然にいる生き物のこと。 この日はすぐ足元に用水路がありましたが、こんな場所があれば覗き込むという行動が染み付いているの…

プラケース

車を運転中、信号待ちをしている小学生が目に入りました。その手には小さなプラケース。そして大事そうに抱えながら時折、プラケースの中身を覗き込んでいるのです。 子供が生き生きとした目で見るプラケース。なにかを捕まえたようで、その生き物を眺めなが…

フィルターの一部清掃

#日鍛水槽 #ガサガサ

大人もハマる「ガサガサ」

暖かいと子供たちも一生懸命になる遊び「ガサガサ」 いろんな虫や魚たちが活発に動くのが観察できるので、それを捕まえては楽しんでいます。 …私は中年ですが子供たちと一生懸命に「ガサガサ」で楽しんでいますがね(笑) そんな「ガサガサ」ですが、早く泳…

ワンドでガサガサ

子供たちと一緒に大きな河川に行ってきました。流れがとても速いのですが、河川敷には砂利が大量にあってその先には芝生が広がっています。 とても広大でどれだけ走り回っても人との接触が無く、安心して遊ぶことができます(笑) そしてところどころワンド(…

偶然の遭遇。

山の中の施設へ行ったとき、私は初めて実物と遭遇しました。日本固有種で、食用にもされますが害獣の扱いも受ける生き物。 「ニホンノウサギ」ペットとして販売されているアナウサギとは似ているようでまるで違います。アナウサギと比べて体や耳のサイズが大…

オールラウンダーなモグラ似昆虫「オケラ」

砂地で見つけた虫「オケラ」正式名称はケラ。お菓子、お布団などと同じで、頭に「お」を付けたものが定着したようです。 一生のほとんどを土の中で過し、植物の根や土中のミミズ、昆虫などを食べている雑食です。土を掘るのに特化した前脚、汚れにくいように…

こんなところは…

私は山ではないですが、田んぼに囲まれた地方に住んでいます。決して都会とは言えず、田舎と呼ばれるような環境なので、身近に生き物たちがたくさんいます。 夏は自宅駐車場にカブトムシ、クワガタムシが飛んで来ます。庭のブロック塀にはアマガエルがたくさ…

非接触温度計はこんな時も使えます!

我が家の日淡水槽は週1回、約1/3〜1/2を換水しています。 新水を入れたバケツにカルキ抜き材を投入しているのですが、その前にまずバケツ内の水温調整を行います。いきなり魚たちを冷水にさらすのはマズイですからね その水温調整時に、水槽に使用しているよ…

偶然の遭遇

屋外の地面に設置してある水道メーター。水道が凍結するような地域でない限り、一般人がそのフタを開けることはまずしないでしょう。 ですが私は開けました(笑) 一番明るい時間帯、そんな時に水道メーターのフタを開けると…カワイイ「ニホンヤモリ」に出会う…

スジエビの胃袋

我が家に迎え入れて約1ヶ月が経過するスジエビ。2匹いたのですが、1匹は弱っていたのかしばらくすると亡くなっていました ですがもう1匹は今も元気で、他の魚が食べようとする餌を横から抱え込んで持って行き、ずっとツマツマと餌を啄んでいます。 エビはこ…

ドジョウが…

近所の用水路で捕まえ、我が家に迎え入れて1年ほど経つドジョウ。実は先日、亡くなってしまいました… 原因は飛び出し。濾過装置や照明のコードを出す隙間からと思われます。ずっとこの程度の隙間で問題なかったので油断していました…。完全に私の失態です…。…

クワガタケース掃除

コクワガタの床材に白いものが…カビのようなものが生えてきてしまい、床材であるクヌギマットを全交換しました。 クヌギマットは湿らせてあるのでこれは避けられない問題なんですよね(全交換後の様子)床材を全交換する場合はコクワガタを一旦別のプラケー…

次はザリガニをガサガサ

子供たちと、その友達を連れて大人数でガサガサに行ってきました!やはり小学生。生き物が好きで自分の力で捕れたらテンションがおかしく、ずっと興奮しっぱなしでした(笑) 今回は我が子の友達とも協力したので大漁大漁全部ザリガニです(笑)ウジャウジャして…

またガサガサ。

先日久し振りのガサガサを親子で楽しんできましたが、また行ってきました(笑) 子供たちは捕まえて水槽に加えるのが楽しくなってしまったようです前回と同じ場所にて今度は魚を捕まえたいね!と意気込む子供たちですが、なぜかスジエビばかり捕まります(笑)ス…

スジエビのその後

子供たちと捕まえてきたスジエビ。肉食傾向が強く、混泳には向かないという意見があるようです。 しかし弱った魚などでないと問題は起きにくいとの意見もありました。 我が家でも数日間観察している限り、他魚とのトラブルも無く混泳できています。(まだま…

ついに春のガサガサの季節がやって来たかも。

気温が春らしくなってきた今日この頃。 暖かいので外に出掛けると、子供たちが何かに気付いて水溜まりを木の枝で突いていました。 「なにしてるの?」 と聞くと 「ミミズがおる!」 と言って小さなミミズを捕まえていました。私はそれを見てすぐに思い付いた…

達成感と満足感。

日淡水槽のコケが目立ってきました前回清掃してから3週間ぐらい経過していますが、ガラス面が見難いようなコケは無く、水槽底面にコケが集中しているのが確認できます。 早速ブラシで清掃を開始します! 100円均一の柄付ブラシでゴシゴシと洗う作業なのです…

魚たちに人気の赤虫。

日淡水槽の魚たちへはメダカの餌、金魚の餌、乾燥赤虫など、これら数種類をローテーションして与えています。 それぞれ食い付きに違いがあり、人気なのはもちろん赤虫ですね栄養価でいうと配合飼料の方がバランスがとれていて理想でしょう。しかし赤虫には配…

この寝相は…(笑)

フトアゴヒゲトカゲが我が家に慣れてきたようで、餌待ち姿を観察できたり、ハンドリングもビビらなくなってきました。 よく人慣れし、爬虫類の中でも特にペット感覚で飼うことができるトカゲなので、その適応力の高さを遺憾なく発揮してくれています 特に奥…

コクワガタは観賞…?

我が家唯一の無加温飼育「コクワガタ」 不活性になる冬。活発になる夏。 どの季節に見てもほぼ床材に潜り込んでいるため、あまり観賞向きではありません餌である昆虫ゼリーを定期的に交換しますが、その時に生存確認する程度なので、姿を見るのは週1回なんて…