Favorite creatures!!

〜ぼくのペットの飼い方・愛で方〜

レオパは狭いスペースで飼えるが、広いスペースで動き回るのを見るのもオモシロイ。

ここ最近「レオパはこんなに動き回るのか?」と動きが活発過ぎて驚いています。


覗き込む度に体勢が変わり、移動しています。シェルターの上にも登ったり、ケージ内を縦横無尽に闊歩しているのです(笑)


そしてつかまり立ちをしていました(笑)

f:id:chuunentenki:20191203233112j:plain

よく言われるレオパが日本人におすすめされる特徴として


  • 少ないスペースで飼える
  • 高さも必要ない
  • 動きが鈍く扱いやすい
  • 夜行性なのでお世話が夜間

以上様々な特徴が、現代日本人の生活に合うことから人気が出たレオパですが、本来はよく言われる特徴よりも、冒頭のように活発に動き回り、立体行動も頻繁にする動きのあるヤモリです。


ケージから出すと壁を登ろうとしていました(笑)
f:id:chuunentenki:20191203233205j:plain本人は一所懸命でしたが、クレスとは違うので無理だろ!と思って見てました(笑)



常にじっとしている訳ではないので、狭いスペースでもちょこちょこ動いているのです。


ケージの床面積として30㎝×20㎝程度で飼われる場合が多いですが、我が家のように、この倍以上の45㎝×30㎝で飼育してみると、もっと多くの動きある行動が観察できてオモシロイですよ♪

購入してから万が一大きすぎると思ってしまっても、セパレーターを使用すれば
2匹目もこの中にお迎えして飼育できます(笑)

実をいうと私は将来的にこの企みを持っています(笑)