Favorite creatures!!

〜ぼくのペットの飼い方・愛で方〜

バスキングより大事なもの

昼行性の爬虫類にとって日光浴は重要な意味を持ちます。

朝起きると

  1. 体温を上げながら紫外線を浴びる
  2. 代謝を上げる
  3. 行動開始する
  4. その後食べる
  5. そして体温を上げる
  6. 代謝を上げる
  7. 胃の中のものを消化する
  8. 寝る

食べるか、寝るか、日光浴しかしていないですね(笑)
このサイクルを十分にこなすために、飼育ケージにはバスキングライト、紫外線ライトの設置が推奨されています。

我が家のヘルマンリクガメのコウちゃんも概ねこのサイクルを繰り返しています。
リクガメにとって大事なバスキング時間は、飼育者にとってはリラックスした姿を見れるので、癒やしの時間になりますよね?
しかし、どうも我が家のリクガメは慣れてきたのもありますが、このバスキングより大事なことがあるようで(笑)

リラックスしているときに覗き込むと、すぐに起きて駆け寄ってきます。おそらく餌がもらえると思っているのでしょう。


f:id:chuunentenki:20190313003604j:plain

カメラを構える間にもう歩きだしています(笑)
どうすれば写真に収めれるか思考中です(笑)

さっき食べたところなのに…まだ餌皿に残っているのに…

食べてバスキングスポットにて消化中に、すぐに次の餌に反応する…なんて食い意地の張ったリクガメなんだ(笑)



ということで、我が家のリクガメは日光浴よりも餌が大事みたいです(笑)
「花よりだんご」のようなものですかね(笑)