Favorite creatures!!

中年になり、少年の頃の生き物好きを思い出し、現在リクガメを中心に爬虫類、昆虫も飼育しています。 2児の父である普通の中年お父さんが「お父さんとしてのペットの飼い方・愛で方」を綴るブログです。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

なんで乗っかるんでしょう。

なんでリクガメは餌の上に乗っかるんでしょうね(笑)好きなものを探して掻き分けて餌の上に乗るのは、まだ分かる気がするのですが、そんな場合以外でも確実に餌の上に乗ります💦


f:id:chuunentenki:20200202225232j:plain
コレが乗っかってるところですが、餌皿を置くとドスドス走ってやってきて、まずニオイを嗅いでから食べて、それから乗っかります。


小さいリクガメなので、餌との距離感がよく分からず乗っかってるのか?とも考えました。
しかし動物園にて何十年も生きている、最も知能の高いカメとも言われるアルダブラゾウガメの食事を観察してみたところ、全く同じ行動をとります(笑)極めつけは餌に乗っかる前に飼育員さんの足にも乗っかっていました(笑)


これはもうリクガメの共通の行動で、「餌を踏みつける」という概念はなく、「より餌に近付いて食べる」という本能なのだと思います。でも近付き過ぎて自分の下敷きになった餌を食べることができなくなってしまっていますが(笑)


このためリクガメの腹甲(お腹側の甲羅)は常に餌で汚れてしまいます。フードなんかだと固まってしまい、なかなか汚れを落とすことが難しくなります。あまり放っておくと、餌がこびりついてしまうため、たまには温浴でふやかしてから洗ってあげましょう💦

しかし私は便秘などの理由がない限り、リクガメを毎日のように温浴させる事はありません。汚れを落としてキレイにしてあげるため温浴を行います。なのでだいたい週1回程度の頻度になります。
www.favocrea.com



リクガメは自身で汚れに向かっていきます。その後は自身で体をキレイにするという意識はありません。飼い主がいつも気を使ってキレイにしてあげている事すら知らないです(笑)そんな面倒臭い生き物でも、世話をしてやりたくなるのがリクガメですよね!(笑)