Favorite creatures!!

中年になり、少年の頃の生き物好きを思い出し、現在リクガメを中心に爬虫類、昆虫も飼育しています。 2児の父である普通の中年お父さんが「お父さんとしてのペットの飼い方・愛で方」を綴るブログです。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

リクガメのクチバシが伸び気味

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

我が家のヘルマンリクガメのクチバシが少し伸びてきています。こんな時に与えるのが「カトルボーン」です。
f:id:chuunentenki:20200120111102j:plain

定期的に与えますが、いつも一心不乱に齧り付いています(笑)いっぱいカジカジして削っておけよ〜(笑)

これは鳥用ですが、リクガメ用も変わらないので私は使用しています。





リクガメはトカゲなどと違い、歯があるわけではありません。クチバシによって食べ物を食い千切ります。


なので爬虫類というより鳥類に近いですね。


このクチバシは、野性下では硬い野草を食べるときに自然と削れていきますが、飼育下では柔らかい野菜や、フードではなかなか削れてくれません。

そのためわざと硬いカトルボーンや、カキ殻などを与えて削れるようにしてあげます。これだけでかなり削れるようになるのですが、どうしても伸びてしまう個体もいます。


その場合は人の手で削ってあげなくてはいけません。


ヤスリや爪切りで行うベテラン飼育者もいますが、自信がなければ無理せず獣医さんにお願いしましょう(笑)


ペットショップでも施術してくれるところはあるので、購入したショップに問い合わせてみるのもいいですね。