Favorite creatures!!

〜ぼくのペットの飼い方・愛で方〜

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

ヒョウモントカゲモドキケージの湿度を簡単に上げる方法!

ヒョウモントカゲモドキケージが乾燥し過ぎている!

そんなことはありませんか?


今回はそんな悩みを解決する、簡単に湿度を上げる方法をお教えします!


本当に簡単なので是非読んでいってくださいね!


『最適湿度』
ヒョウモントカゲモドキの最適湿度は
40%~60%
と言われています。


脱皮時はこれよりも上げてやり、脱皮をしやすいようにしてあげるのですが、なかなか冬は湿度を上げることができません。


霧吹きなどでケージ壁面を濡らすのもいいのですが、毎日霧吹きしていると汚れが目立ってきてしまいます。


そんな時に私がおすすめする方法は
100円均一のタッパー
を使用する方法です!


これをどう使うかというと…


f:id:chuunentenki:20200115005057j:plain


水を入れてパネルヒーターの直上に置いておくだけ!

たったこれだけです(笑)


パネルヒーターでタッパーの水が暖められて、蒸発しやすくなります。加えてケージ内が乾燥すればするほど蒸発し、適度な湿度を保ってくれるのです。


お風呂の湯舟にお湯が張ってあるときに、浴室内は湿度が高く、湯気だらけになりますよね?それと同じ現象です。
さすがに湯気は出ませんが、実際に我が家のヒョウモントカゲモドキケージでは、使用前30%だった湿度が、使用後50%で一定になっています。


そしてこの方法の最大のメリットは、
掃除が簡単
ということ。水道でサっと洗うだけです。


素焼きのシェルターなどはカビが生えやすく、掃除が面倒くさいのですが、これはプラスチックのタッパーのため簡単に洗えます。


汚れてどうしようもない場合は、捨ててしまっても100円均一で買ったタッパーなので痛くもかゆくもありません(笑)


この方法は

掃除が簡単
費用が安い

ということで、本当におすすめです。ケージの大きさに合わせてタッパーの大きさを変えてあげれば、ヒョウモントカゲモドキに限らず、どんな生体、どんなサイズのケージでも加湿できます。皆さんも是非試してみてください🎶