Favorite creatures!!

〜ぼくのペットの飼い方・愛で方〜

リクガメ 窓越し日光浴

まだ寒い日が続きます。最高気温は10 ℃に達していません。そんな中、北陸の冬には貴重な日光が差し込みました。


f:id:chuunentenki:20190317164202j:plain

思わずケージから出して、部屋の中で日光浴させてあげましたが、やはり少し寒かったようで…だんだんと動きが鈍くなっていきました(笑)


ガラス越しの日光浴

日差しが暖かければ、ガラス越しでもリクガメは代謝を上げるため、日向ぼっこをしています。UVAの方ですね。
UVBは受けているかどうかは、測定器を持っていないため分かりませんが、多くの方の情報では、やはりUVBはほとんどガラスで遮られているようです。

ただ、紫外線ライトもあまり過信はできないので、窓越しでもリクガメ本人(本亀?)が好むのであればさせてあげましょう。


注意すること

ガラス越しの日光浴をさせてあげる場合は、部屋に放すことになるので、室温を上げてやり、風邪を引かないようにしてあげて下さい。
更に、リクガメは慣れない環境に置かれると、粗相をしてしまうことがあるため、糞尿をした後に出してあげた方がいいかもしれません。
もしくはペットサークル等に入れて、ペットシーツを敷くのも一つの方法です。


まとめ

窓越しの日光浴は、あくまでも冬場外に連れて行けない場合の、補助的なものでしかありません。これで爬虫類の健康を保つことはできないのです。それは頭に入れておきましょう。
更に、風邪を引かないように暖めてあげないといけません。日光浴のために風邪を引いてしまっては、本末転倒ですね(笑)