Favorite creatures!!

〜ぼくのペットの飼い方・愛で方〜

リクガメの不思議な行動

我が家のリクガメケージにはシェルターを設置していません。(その理由は過去記事にも載せています)
www.favocrea.com



そのため、普段の就寝体勢はケージの角隅に頭を向けて寝ています。本日も同じ体勢で寝ていたのですが、いつもと違うところがありました。




f:id:chuunentenki:20190803193226j:plain餌皿を被って寝ているのです(笑)


なんか意味あるんですかね?(笑)


時々こんな不思議な行動を見せてくれるのがリクガメです。
まぁ、飼育の楽しみにもなっていますよ(笑)いつも直球のカワイイ仕草ばかりよりも、今回のような変化球的な天然の行動もあった方が、よりペットとして愛でることができるってもんです(笑)




この行動はなにを意味しているのか

今回の餌皿の下に潜り込む行動には、2つの可能性が考えられます。

  1. 寝床を探していた
  2. 暑かった

以上が考えられる可能性です。
ヘルマンリクガメは地面を掘る習性があります。ロシアリクガメほどの穴掘り能力ではありませんが、土中に潜って就寝したり、夏場の暑さを凌ぐために穴を掘り、涼しい地面の下に避難する事もあります。


今回の我が家のケースはどちらなんでしょうか。


寝床を探していたとなると、いつものようにケージ角隅に頭を向けていたのは分かるのですが、餌皿を被るのは初めて見ました。なのでこれは可能性が低そうです。


暑かったとなると、これ以上温度を下げることは無理なので、エアコンを稼働し続ける必要があります。調べてみると、この日のケージ内の最高温度が32.5℃でした。暑いのですが熱中症になる程ではなく、特別この日だけ上がった、ということではありません。ここ最近はいつもこんな感じです。なのでこれも可能性は低そうです。




…結局なにが原因なのでしょう(笑)

「カメのみぞ知る」ですね(笑)

原因不明で、意図が見えない行動をとるのもカメの魅力!そういうことで納得しておかなければいけないようです(笑)