Favorite creatures!!

中年になり、少年の頃の生き物好きを思い出し、現在リクガメを中心に爬虫類、昆虫も飼育しています。 2児の父である普通の中年お父さんが「お父さんとしてのペットの飼い方・愛で方」を綴るブログです。

タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト
タイトルのテキスト

爬虫類

爬虫類ペットを見て楽しむ

ニホンカナヘビは地表性のトカゲですが、立体行動を頻繁に行います。 郊外では民家の塀に登り、そこで日光浴をしている姿はよく目にできます。 つまり垂直の壁を登れるんですね(笑) 爪が長く、後脚の指のカタチを見ても樹上性のトカゲと変わりません。この…

リクガメはペットとして可愛がりがいがある生き物です!

私の飼っているヘルマンリクガメのおもしろい行動が撮れたので投稿してみました。 リクガメをペットにするとこんなに慣れてくれますよ!可愛がりがいがあるんです!(笑) pic.twitter.com/TLusCYp5Mf— chuunentenki (@chuunentenki1) December 24, 2019 リ…

リクガメに小松菜は定番

私はヘルマンリクガメの餌を用意する時には、最低でも3種類(できればそれ以上)のものを用意するようにしています。 そしてできる限り同じものは避けてローテーションを心掛けます。 しかし、これがリクガメ飼育の楽しさであり、難しさでもあるのです。毎日…

「人工餌」を「置餌」でOK!手間要らずのニホンカナヘビ

ニホンカナヘビは人工餌のピンセットからの給餌はもちろん可能なのですが、朝の出勤前からピンセットでチマチマ与えていると、時間がかかり遅刻しそうになることもしばしばありました(笑) なので最近は2〜3切れピンセットで与えてから、残りは置餌にしてい…

爬虫類が「かわいい」と言ってくれる人に出会えた!

私は幼少期からの生き物好きで、特に爬虫類が好きです。それはなかなか世間一般には受け入れがたいものだそうで、つい数日前にもアオジタトカゲをスマホで見ていたら… 「なにそれ!?…気持ちわるっ!」 後ろからたまたま見えてしまったらしいです… 少しムっ…

やっぱり私は病的なカメ好き

私は小学生の頃から生き物全般好きなんですが、特にカメには思い入れが強いです。 小学生の頃、友達と家の横に流れる用水路でカメと出会ってから、ずっと大きなタライで飼っていました。 大人になってからはリクガメを飼育していますが、やはり好きなのは変…

ヘルマンリクガメの餌前のご乱心

ここに餌皿を置きたいんだよね〜…(笑) やっぱり餌がもらえると思うと異常な興奮状態になります。 ズラしてもズラしてもこの位置で暴れています(笑) これだけ食べ物に貪欲なところをみると、まるで肉食動物のようですね(笑) ヘルマンリクガメをずっと見…

初心者必見!ゼロから学ぶ「リクガメの飼い方」 おすすめの種類や飼育器具も紹介

動物園などでリクガメがムシャムシャと葉っぱを食べている姿を見ていると癒やされますよね!そしてそんなリクガメをペットとして飼いたいと思う方も多いことでしょう。 しかしリクガメはペットとして決してメジャーではなく、これからリクガメを飼いたいと思…

爬虫類たちの「昼」と「夜」の行動

夜行性、昼行性で分けられる爬虫類ですが、それを意識して観察してみると、オモシロイ行動が見えてきます。 ニホンカナヘビ ニホンカナヘビは昼行性のため、当然夜間は寝ています。そして大概はキッチンペーパーの下に潜るので、観察はできません(笑)しか…

ケージからの脱走

朝、ニホンカナヘビのケージに水皿を入れるときに、何故かかなり驚かせてしまいました。 ケージ内を走り回り、バタバタと暴れて外に出てしまいました かなり走り回りました(笑)飼育部屋のメタルラック付近を縦横無尽です(笑) そしてメタルラックの下へ走…

飼育ケージの置き場所

我が家の爬虫類たちのケージが置いてある「飼育部屋」。リビング横にあり、いつもすぐ側に人がいる環境です。 よく飼育本などには、「人気のない部屋や静かな環境で飼育してあげましょう。」などと書いてあることが多いです。…思いっきり反対の環境に置いて…

レオパのリラックス

この姿勢で寝ていました(笑)ダラけてますね〜(笑)暖かいパネルヒーターを避けて寝ているので、代謝を下げて本当に就寝です。 ここ最近はシェルターの中にこもることも少なく、よくこの辺りで寝ています。 少し前からパネルヒーターを稼働させているので…

「爬虫類飼育」に対する反応

先日、次男の友達が遊びに来ていました。その時に私は休日だったこともあり、各ケージのメンテナンスを行っていたのです。 するとこちらに気付いてケージを覗き込み一言。 「…うわっ!トカゲや…」 嫌そうな顔で言われました(笑)まぁだいたいの人はそういう…

リクガメの健康を判断する要素「舌の色」

リクガメの購入時の判断として、健康な個体かどうかを見極めたいですよね。 そこで良く言われているのは 餌をよく食べる 脚や甲羅を引きずらない 目をしっかり開いている これらはショップで見たその場で判断できるでしょう。(餌は与えている時間帯に行く必…

掃除した後に限って…だよね💦(笑)

どんなペットもそうらしいのですが、キレイに掃除した後ほど排泄してしまうようです。 リクガメは床材を交換した後。 ミズガメは水換えをした後。 彼らは何故にこうもタイミングがいいのか…(笑) これには少し理由があるようです。 なぜ掃除した後なのか リ…

レオパの脱皮

朝起きるとケージ内のキッチンペーパーがクチャクチャになっていました。 そこに落ちていたのがコレ↓↓ 脱皮していました。 なんか白いなぁ…と思っていたら、やっぱり夜の内に完了していました。 この子が我が家に来て7ヶ月。初めて脱皮の皮(残骸)を見まし…

リクガメは表情が分かる! 夜間に「荒ぶる」から「硬直」するリクガメ。

ケージを覗きこめば寄ってくる我が家のヘルマンリクガメ。この行動はカワイイと感じますが、行き過ぎて少し怖いと思ってしまうこともあります。 なぜ怖いと感じたか。それは夜中に目が覚めたとき、昼間と動きがかなり違ってくるからです。 走る!登る!噛む…

レオパは狭いスペースで飼えるが、広いスペースで動き回るのを見るのもオモシロイ。

ここ最近「レオパはこんなに動き回るのか?」と動きが活発過ぎて驚いています。 覗き込む度に体勢が変わり、移動しています。シェルターの上にも登ったり、ケージ内を縦横無尽に闊歩しているのです(笑) そしてつかまり立ちをしていました(笑)よく言われ…

立ち上がるトカゲ

2本足で立ち上がるトカゲといえば「グールドモニター」が有名ですね。 あの巨体を後脚だけで支えて立っている姿はカッコいい!厳密に言うと尻尾でもバランスをとっていますが… あの立ち姿はなんか惚れ惚れするんです!めちゃくちゃ強そうで恐竜を連想させら…

活餌は必要ない!「レオパドライ」

我が家のレオパ、ニホンカナヘビは食べてくれるのか?試しに与えてみました。 「レオパドライ」 結果は… 少し不思議に感じながらも食べてくれました。 これはレオパブレンドフードとレオパドライを並べてみた写真です。 左がレオパドライ、右がレオパブレン…

レオパは食べるのが下手くそ

ペットとしてメジャーになりつつあるレオパことヒョウモントカゲモドキ。彼らは肉食のため、野生下では自ら狩りをしています。 動き回る昆虫を食べていますが、「本当に野生で生き残れるのか?」と思うほど狩りが下手くそで、空振りばかりなんです(笑) な…

自作加湿器 またまた改良

トレーにミズゴケ、その上に人工芝を敷いた今シーズンの自作加湿器。実はまた手を加えました。 人工芝の下に敷いていたミズゴケを撤去してみました。 ミズゴケには殺菌作用があるようで、水換えの頻度が少なくて済むように入れていました。しかし、その少な…

レオパのケージ温度

レオパの飼育適温は 25℃〜30℃ と言われています。しかし、我が家のレオパケージは適温といわれる範囲の中で、少し高目の 28℃〜30℃ を維持しています。 なぜこの温度かというと、若い個体なら30℃近くが一番安全に調子を保つことができるからです。ベビーなど…

レオパのケージおすすめ それぞれの特徴

ヒョウモントカゲモドキことレオパをお迎えするにはまず、飼育器具を揃えて飼育環境を整えてあげなければなりません。 飼育環境を考えるとき、まず1番最初に検討するのは ケージ ではないでしょうか。 そこで今回は皆さんがレオパお迎え時、最初に悩むケー…

爬虫類用シェルターのおすすめ!スドー「ロックシェルターSP」

こんな岩場にのぼってバスキング… この姿は野性味が溢れていてとてもカッコイイ! 私はこんな姿が好きなんですよねリクガメのようにバスキングはだらけている訳ではないので、この姿は様になっています(笑) でもそこはニホンカナヘビ。やはりサイズはミニ…

レオパの世話。簡単!することが無さ過ぎる(笑)

我が家に迎えたレオパことヒョウモントカゲモドキ。飼育開始してから半年が過ぎました。実際に飼育してみて、世話、メンテナンスについての感想を書いていこうと思います。 まず結論からいうと飼育が簡単。世話することが無さ過ぎると感じました。 お迎え当…

DIY敢行!和室がペット飼育部屋へ!

私の趣味により、飼育部屋へと変わってしまったリビング横の和室ですが、たまにリクガメのウンチのニオイがこもってしまっていました(笑) ご飯も食べるリビングの横なので、さすがにニオイ充満は良くないだろうと思いました。そのため… 部屋のDIYを敢行し…

爬虫類の脳とは

アメリカの学者ポール・D・マクリーンという方の仮説として、人間には3つの「脳」があるとされています。 「爬虫類脳」「哺乳類脳」「人間脳」 以上の3つに分かれているそうです。それぞれ解説していきましょう。 爬虫類脳 生きるための防衛本能が働く脳に…

初のイベントへ!!

初めてイベントらしいイベントに行ってきました。 なにしろ保育園児と小学生を連れて、遠出して即売イベントへ!……とはなかなか行動できませんでした。 しかし今回は北陸金沢にて開催されるとあって、「行くしかないだろ!?」ということで行ってきました(…

爬虫類飼育で冬の季節物「暖突」

このブログの下の方に、楽天カテゴリランキングが常に表示されています。 このランキングを見ていると、全国的に気温が下がってきた10月に入ってからは、保温器具が常に上位表示されています。 その中でもランキング上位を独占し続けるツワモノ商品が存在し…